2016年04月18日

強風、一夜明けて

IMG_20160418_083539.jpg

昨日の突風にも負けず、桜の花は道行く人を迎えてくれました。


IMG_20160418_074716t.jpg

ピカピカの一年生
ひとまわり大きめに揃えた制服の後ろ姿が可愛くて、思わずパチリカメラ
1年後、成長の姿が楽しみです。

posted by パロール at 22:28| Comment(0) | 日めくり

2016年04月17日

強風に耐える八重桜

今朝の散歩道に咲く八重桜です。
ソメイヨシノから引き継いだばかりの花たち、
今日、一日中 吹き荒れた強風に耐え抜いたことと思います。

九州 熊本、大分にて辛い毎日を余儀無く送られる皆様に、心よりお見舞いを申し上げます。
一日も早く落ち着いた日々を取り戻す事ができますよう祈っております。

IMG_20160417_070622.jpg

posted by パロール at 23:15| Comment(0) | 日めくり

2016年04月12日

ムヒカ氏の語る言葉

来日したウルグアイのムヒカ前大統領、熱望していた広島を視察

「原爆を作った男は、非常に頭のいい男でした。原爆を作ることで、どういうことが起きるかわかっていました。でも、自分自身にブレーキをかけることができませんでした。人間は、ばかげたことをするものなんだ。科学には、まだ多くの使命が残されているが、倫理観が欠如すると、悲劇を生むのです」 と述べた。

「もし、現状に不満があるなら、不平不満ばかり言わず、よりよい、あしたのために行動しよう。希望を持って、行動し続ける人がいるかぎり、少しずつでも世界は変わっていく」
そう語る言葉は、ムヒカさんの信念そのものだった。(フジテレビ放映より)

posted by パロール at 22:05| Comment(0) | 日めくり

2016年04月01日

バトンタッチ

IMG_20160329_092848.jpg

10月桜・・・
10月から4月ごろまで、寒い中でも
可憐な花をつけて咲いてきました。

今日の散歩道には、バトンを受け取って
満開の桜が誇らしげに咲いていました。

IMG_20160331_080652.jpg

posted by パロール at 22:16| Comment(0) | 日めくり

2016年03月19日

T.N.さま

お問合せをいただきありがとうございました。

折り返しお返事、並びに受信確認のメールをお送りしましたが、ご覧いただけていないかもしれません。
もしメールが未着の場合には、スマホの設定(PCからのメール、あるいは@cosmos-parole.jpからのメールを限定して受信できるように)を変更され、お手数ですがもう一度お問合せのページからご連絡いただけますか。
またはご遠慮なくお電話による連絡をお待ちしております。

posted by パロール at 21:16| Comment(0) | お知らせ、他

2016年03月17日

今日の出会い

今日の一日
どんな一日でしたか?

出会った人
 ひとみがキラキラと輝いていた人
 大好きな音楽について熱く語ってくれた人
 軽い世間話の中にも参考になる話が・・・・

それぞれがたくさんの情報を伝えてくれます
一人ひとりの受け取り方、考え方が素晴らしい
いつも、出会う方々から学びをいただくことに感謝です

posted by パロール at 13:00| Comment(0) | 日めくり

2016年03月12日

体験記更新しました

SKさんのセッション体験記 「お姫様になった一日」を掲載しました

posted by パロール at 13:29| Comment(0) | お知らせ、他

2016年03月04日

一歩・ニ歩・・

今大好きなこと、夢中になっていることがあったら幸せ
大変だったり、苦しかったり、辛いと思っても、夢中だから乗り越えられる
迷っていることや諦めていることがあったら、一歩踏み出してみよう
 ほら、一歩・ニ歩・・・、
  視界が変わって、
    気持ちも変わって、
      力が湧いてくるよ

posted by パロール at 22:55| Comment(0) | 日めくり

2016年03月01日

みかんの香りかな

ボロニアピナータ(ミカン科ボロニア属)
小さなつぼみがだんだんと開いてくるにつれて、可愛さが増してきます
葉っぱはミカン科特有の香りがします

IMG_20160301_090118.jpg

チューリップも元気に咲いています

IMG_20160301_091046.jpg


posted by パロール at 21:45| Comment(0) | 日めくり

2016年02月27日

素敵な話、いつまでも

ちょっと用事があって、以前の書込みを見ていたら、もう一度、載せておきたいと・・・

★ 「落ちてごめん」試練越える息子 / 気流

 息子は高校入試で、第一志望校に落ちてしまいました。
合格発表の日、私たちの前に張り出されたボードに、息子の番号はありませんでした。
 その瞬間、私の心に様々な思いが乱れました。
「受験した高校や中学校、通っていた塾に文句を言いたい」「親として別の方針を立てるべきだった」などなど。
 人通りの少ない道を選んでの帰り道、様々な思いを抱えた私に、息子が言いました。
「お母さん、落ちちゃってごめんね」。それを聞いて私は胸がつまりました。
 大泣きするでも、文句を言うでも、怒りをぶつけるでもない。優しく美しい言葉でした。
息子の心には合格という桜より、もっと美しい花が咲いていたのです。
私は合格という結果より、もっと良いものをもらったような気がしました。
 そして、息子と同じ涙を流した子たちも、胸を張って中学校の卒業式と高校の入学式を迎えてほしいと願っています。

  パート 井手ちはるさん 46 東京都江東区
  2005.03.09 読売新聞[気流]より転載
======================================

 発表のボードに子供さんの番号が無かった。代わりにもっと美しい花が咲いているのを見つける事が出来た。
そうおっしゃる“ちはる”さんです。
これまでお母さんの大きく温かく包み込むような気持を一杯に受け、育ってきた息子さんなのでしょう。
 いま「優しく美しい言葉」で表現できる心を持っているということ、これはボードに名前があったということよりも、はるかに素晴らしいことに思えます。

                               マロン    2005/03/10(Thu)

posted by パロール at 23:00| Comment(0) | 日めくり
<< 2019年02月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28